豊胸手術体験者のブログで触発され授乳後の貧乳を美乳に変えれた

あまりに小さくなってしまてショック

若い頃は、それなりのバストサイズで、特に小さくもなく、あまりコンプレックスに感じたこともなかったのですが、妊娠、授乳を繰り返した結果、私のバストはかわいそうなくらい、垂れてしぼんでしまいました。
まだ三十代なのに、触ってもふにゃふにゃでハリがなく、生理前になっても全く張ってくることもなくなり、かなり自分の胸に対して、引け目を感じるようになってしまいました。
妊娠、授乳中は、結構爆乳で、主人もうれしそうだったのですが、授乳後の胸はその半分以下になってしまった感じで、ブラジャーなんか必要ないんじゃないか、というほど小さくなってしまいました。
何とか寄せて上げれば、谷間も作れますが、動けばすぐにお肉は流れてしまい、ブラジャーはずり上がり、カップがぷかぷか浮いてしまうので、Vネックの洋服などは、恥ずかしくて着れなくなってしまいました。
この貧弱な胸を、何とかバストアップしたいという気持ちに駆られて、思いつく限りのセルフケアには取り組んできて、毎日お風呂の中でマッサージをしたり、高いバストアップサプリメントを飲んでみたり、胸に貼りつけるバストアップマシンなども試して見ましたが、どれもほとんど効果はありませんでした。
今考えれば、かなりのお金をつぎ込んできたと思いますが、それでも何とか、大きな胸になりたくて仕方がありませんでした。
そんな時にたまたま見たのが豊胸手術体験者のブログで、手術に至るまでの長い期間の悩みなど、自分とかぶることも多くて、手術を受けるという選択肢も視野に入れつつ、美容外科クリニックのホームページなどで、色々と勉強し始めたのです。
豊胸手術にはいろいろなものがあって、胸の中に異物のパックなどを入れるものだけではないことを知り、リスクが低いものなら、何とか主人にもばれずに受けられるんじゃないか、と思いました。

授乳後の胸の悩みを綴ったブログで豊胸手術体験を知った

出産前には赤ちゃんが生まれたらあれもしよう、これもしようといろいろと夢が膨らんで楽しい毎日を送っていました。
だんだん大きくなってゆくおなかも赤ちゃんが順調に成長している証でとても愛おしく、
ボディラインが変化するのが嫌で子供を産みたくないなんて思っている人を正直言って心のどこかで軽蔑さえしていたんです。
念願だった元気な赤ちゃんが無事に生まれ、ずっと母乳で育てたいと思っていた通り、
母乳もとても良く出るいいおっぱいだと助産師さんがほめてくれたほどです。
生まれたばかりの小さなわが子が自分の胸に必死で吸い付いている姿は本当に愛おしく、
何があってもこの子を守っていこうと心の中で固く誓ったのです。

実際には病院から退院してきてからの日々は寝不足やなれない育児の疲れで想像していたような優雅な日々ではなかったのですが、
それなりに充実した毎日で子供の成長を楽しみに、生活がすべて子供中心へと大きく変化してゆきました。
忙しさや寝不足から体重はどんどん落ちていったので、よく言う産後太りに悩まされることはほとんどなかったのですが、
さすがに授乳後のバストは出産前とはまるで別物のような見た目になってしまいました。
授乳前にはパンパンに張って青筋が浮き出た乳牛のようなおっぱいになるのですが、授乳後には極端にしぼんでサイズダウンします。
胸が張って授乳し、授乳後にはしぼむということを繰り返しているうちに、授乳後のバストのしぼみがかなりひどくなってゆき、
全くハリのないぺにょぺにょした感触の情けないバストになってしまいました。
授乳すればバストが妊娠前とは全く変わってしまうのは十分承知していたのですが、
これほど変化するとはちょっと驚きで、自分の胸ながらなんだかさみしさを感じるようなセンチメンタルな気分になっていました。

そんな時パソコンで調べ物をしていた時にあるママの産前産後を紹介したブログと出会いました。
私と同じように幼い赤ちゃんを育てながらつづられるブログの内容は、わかるわかる、あるある、と思うものばかりで、
だんだんとブログをチェックすることが自分のストレス発散にもなってゆき、毎日必ずチェックするようになっていました。
私と同じようになれない育児に奮闘している姿に、私も同じだ!とエールを送りたくなり、
忙しい時間の合間にこんな風にブログを綴っていることに尊敬すら感じる存在になっていました。

赤ちゃんが具合が悪くて困ったと書かれていることもあり、全く知らない相手なのになんだか心の底から応援したくなるような
親近感のもてる存在になって、まるで昔から知っている人の綴る日記のような感覚で毎日更新を楽しみにする
日々が続いたある日、私と同じように、授乳後にバストがしぼんで情けない状態になったと書かれていた時、
まさに私の気持ちを代弁してくれていると感じて、思わずパソコンの向こうの人と会話をしてみたくなり、
メッセージを送ったことからブログ主とのやり取りが始まりました。

顔の見えないインターネットの世界は、パソコンの向こうに座っている人が自分の想像とは全く違っていることもあると言われており、
自分では知っている人とのやり取りしかしたことがなかったのですが、
バストの悩みの事が書かれていた時に、どうしても連絡を取ってみたい衝動に駆られました。
バストの形がしぼんで全く変わってしまったので、豊胸手術を受けることも検討しているとのことで、
私自身はそこまでは考えていなかったのですが、
もしも彼女が本当に豊胸手術を受けて美しいバストを取り戻したら私も受けてみたいと思うかもしれません。
今はパソコンの向こうの彼女とのやり取りが楽しくて仕方がない状況です。

あまりに小さくなってしまてショック | 昔の自信を取り戻すことに成功!